読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファゴットの吹きかた

ファゴットの吹きかたとはなんぞや、と日々葛藤するブログです。

部活でファゴット担当に「なっちゃった」みなさまへ。

こんにちは。ようやく暖かくなってきましたね。桜も少しずつ咲いていますが「くっそ寒いけど、4月入っちゃったししゃーなし咲くか」って声が聞こえてくるようですね。笑

 

さて、新年度です。学生の皆様は環境ががらりと変わっていますね。部活の指導などをしている先生方も、きっと今が1年で1番忙しいシーズンなのではないでしょうか。

4月から部活でファゴットを始める方、多いと思います。4月から部活にファゴットを導入する学校多いと思います。ようこそ。ファゴットは「地味だけど味がある難しい楽器」なんてよく言われますが、地味かどうかは吹き手のあなた次第、そして難しい楽器ではありません。(過去記事「ファゴットは簡単な楽器なんですよ。 - ファゴットの吹きかた」ぜひご覧ください)

ファゴットという楽器を大人になって吹いている人に質問すると、8割以上の人が「他の楽器をやりたかった(やっていた)けど人が足りなくてファゴットに」と答えます。だからもし、貴方が希望の楽器からあぶれて(もしくは他人に譲って)ファゴット担当になったのなら、それはファゴットへの「適性」であること、ここにはっきりとお伝えしておきます。穏やかで柔軟性が高く、ユーモアがありちょびっとだけ目立ちたがり屋、それがあなたの性格ですっ(びしっ)

 

さて、本題。これから吹奏楽部でファゴットを始めるみなさま。

先輩や顧問の先生に、あれやこれや言われると思います。

バスクラリネットやチューバの陰で、自分の音なんて必要ないんじゃないか、と葛藤することがたくさんあると思います。サックスの同級生に「なんでそんなに指回らないの?」と罵られることもあるかもしれません。大きな音が出ずに悔しい思いをすることもあるでしょう。楽器が欲しいなとインターネットで調べたら、見たこともないような数字が並んでがっくりくることかと思います。リードが高くて親御さんの機嫌を損ねたりもするでしょう。

 

ファゴット吹奏楽部に存在する低音管楽器の中で、もっとも歴史が長い楽器です、新参者のバスクラリネットやチューバにでかい顔をさせていてはいけません。サックスと一緒に音階練習をしてはいけません、あなたはあなたのペースでやればいいのです。ファゴットの音量は響きと音色で出します、息を入れればいくらでも大きな音が出る、という仕組みにはなっていません。「100万以下のファゴットは楽器ではない」と言われていたのは古く昭和時代の話です、その半分以下でもじゅうぶん使える楽器が買える時代です。リードはプロ奏者によるハンドメイドです、自分で作る手間や時間をお金で買う行為ですので、1本3000円は大変にリーズナブルなのです。

 

ファゴットを含んだ編成の部活指導をされている顧問の先生へ。

先生「バスクラ、チューバ、バリトンサックス、コントラバス、Aから」ファゴット「えっ、同じところやってるけど呼ばれない」という経験、ファゴット吹きは100人いたら99人は経験したことがあると思います。とても寂しいです。呼んであげてください。スコアの上の方にいるので忘れやすいかもしれませんが、もし忘れたことに気づいたら「ごめんファゴットも」と一声かけてあげてください。

ファゴットは聞こえないけど、全体のサウンドに影響を及ぼす大事な楽器だ」と生徒を説くこと、いいと思います。ですが、たぶんその話、生徒の心は動いてません。本当にそうかどうかは、ぜひブラインド審査(ppからffでぜひ)で試してみて結果を教えていただきたいところです。生徒を発奮させたいのなら「(大事なところで)ここで君のファゴットでいい音が聴きたい」と言ってあげてください。

うちのファゴットは音が小さい、と悩んでいますか?本当に小さいのかもしれません。僕が指導先において「うちの子は音が小さいので困ってます」と相談されて、本当に音が小さい子はほとんど見たことがありません。ダブルリード楽器は、サックスや金管楽器のような凄まじく指向性のある音量は出ません。もしその事を知らずにいるとしたら、あなたは致命的に無知です。30分でいいから勉強して出直してきてください。

クラリネットやトランペットならともかく、ファゴットに指導者を呼ぶ余裕はない、と本音を漏らす気持ち、分からないではありません。でもダブルリード楽器は、金管楽器でいうところの唇に該当する箇所がリードです。リードのことを独学でどうにかしようとすると、おそらく指導者を呼んだ方が安く済むくらいお金がかかります。結果としてよくないリードを吹いていて、いい音が出ません。せっかくファゴットがいるなら、ぜひ指導者を呼んであげてください。ツテがなければ、僕を呼んでください。全国各地、どこへでも参ります。→問い合わせフォーム

 

 

とにかく魅力的で、始めたら病みつきになってしまうのがファゴットとという楽器です。上達も難しくはありません。

部活でファゴット担当に「なっちゃった」みなさま。あなたはとっても幸せだと思います。ようこそ、ファゴット吹きの輪へ!